スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<愛知学院大>野球部コーチが選手に暴力 職務停止処分に(毎日新聞)

 愛知学院大(愛知県日進市)は23日、硬式野球部のコーチ(26)が、練習中に選手に2件の暴力を振るっていたと発表した。大学側はこのコーチを職務停止とし、部長(62)と監督(39)も厳重注意の処分とした。選手の一部は監督からも暴力を受けたと訴えており、調査を続けている。

 愛院大によると、08年9月の練習中、監督の注意に不満そうな態度を取った当時3年生の選手の顔面を、このコーチが右手で殴った。また09年8月に高校生対象の体験練習を行った際、指示通りに動かなかった4年生の選手に対し、コーチが両手で両肩を押し、後頭部を壁にぶつけた。救急車が来る騒ぎになったが軽傷だった。

 暴行を受けた学生から被害届は出ていないが、会見した黒神聡学生部長は「教育機関として、どんな状況であれ暴力はいけない」と話した。コーチについて選手指導とともに寮監としての業務も無期限で停止させた。また、監督も練習参加を認めておらず、学生たちは現在自主練習を続けているという。【黒尾透】

<盗撮>容疑の機動警察隊長を逮捕 北海道警(毎日新聞)
<詐欺>山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い(毎日新聞)
民主・石井一氏の「島根や鳥取はチベット」発言に市長会抗議(産経新聞)
参院選1次公認、来月初め決定=「青木氏は時代的役割終えた」-民主・小沢氏(時事通信)
IT株巡るインサイダー取引、生保元社員ら認める(読売新聞)
スポンサーサイト

結婚詐欺・連続不審死 殺人罪で木嶋容疑者起訴(産経新聞)

 東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん=当時(41)=が練炭自殺を装って殺害された事件で、さいたま地検は22日、殺人容疑で再逮捕されていた住所不定、無職、木嶋佳苗容疑者(35)=詐欺罪などで起訴=を殺人罪で追起訴した。

 起訴状によると、木嶋被告は平成21年8月5日夜、大出さんに睡眠導入剤を服用させ、埼玉県富士見市針ケ谷の月ぎめ駐車場に駐車したレンタカーの車内で練炭を燃やし、大出さんを一酸化炭素中毒で殺害したとされる。

 木嶋被告は再逮捕時、容疑を否認。ほぼ黙秘を続けていた。

 大出さんは8月6日朝、車内で死亡しているのが見つかったが、車内に車の鍵がないなどの不審な点があった。また、大出さんの遺体から検出された睡眠導入剤の成分が、木嶋被告が処方された睡眠導入剤の成分と一致するなどしていた。

 木嶋被告の周辺では、大出さん以外にも複数の男性が不審な死を遂げており、警察当局は疑惑の全容解明を進める。

【関連記事】
木嶋容疑者、大出さんの携帯を処分か 
「さまぁ~ず」もビックリ!? 結婚サギ女の意外な素顔
埼玉不審死 当初から「他殺」見立て
木嶋容疑者、携帯メールも削除 金銭要求など隠す?
結婚サギ女がドンペリ豪遊、ミナミで見せた素顔

<雑記帳>占いカードで足利学校を知る(毎日新聞)
<駅伝大会>走りでブルンジ難民支援 瀬古、有森さんら快走(毎日新聞)
<就職内定率>高校生は74.8% 下げ幅過去最大(毎日新聞)
スナメリ 住宅街の川で泳いでる 名古屋で騒ぎに(毎日新聞)
<集団暴走>57歳が軽トラで容疑…昔暴走族だったのでつい(毎日新聞)

<鳩山政権>マニフェスト「進行中」132件…毎日新聞調査(毎日新聞)

 毎日新聞は21日、発足から5カ月を経過した鳩山政権について、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)や与党3党の連立政策合意をどの程度実施したかを独自調査する「マニフェスト実行度」の5回目の結果をまとめた。進行中の政策は調査対象(178項目)の4分の3にあたる132項目。内閣が「霞が関」の幹部人事を一元管理するなど目玉政策の法案策定が相次ぎ、「中期」段階に進んだのは前回から9項目増えて61項目となった。

 一方、禁止すると公約した「年金保険料の流用」が発覚した。これで公約「違反」は2項目となった。

 この1カ月で法案や法案概要がまとまった主な政策は、省庁幹部人事を一元管理する国家公務員法改正案▽地域主権の柱となる「国と地方の協議の場」設置法案▽製造現場への派遣を原則禁止するなどの労働者派遣法改正案▽郵政事業の見直しなど郵政改革(基本)法案--など。出遅れ感のあった政策分野で前進がみられた。

 また、通常国会の最大焦点である「政治とカネ」問題では、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る事件を機に、及び腰だった企業・団体献金禁止を目指す政治資金規正法改正案の策定に着手。大地震に見舞われたハイチでの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊派遣も決め、国際貢献分野で得点を挙げた。

 新たに「違反」と認定した「年金保険料の流用禁止」は、民主党が野党時代、長妻昭厚生労働相らが痛烈に批判してきた問題。財政難が理由とはいえ、「流用」阻止を試みた形跡はなく、長妻氏も「遺憾」と表明した。

【関連ニュース】
鳩山首相:政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません
小沢幹事長:「青木氏は役割終えた」…対抗馬の擁立会見
鳩山首相:「すごい精神力だな」…高橋大輔「銅」
鳩山首相:カレーライス食べ、新人議員らと懇談
鳩山首相:米「アショカ財団」創設者と意見交換

超微細炭素分子 フラーレンで遺伝子治療 東大チーム 実験に成功(産経新聞)
減収深刻な大阪府予算、“橋下流”改革も限界に(産経新聞)
「尋問技術を磨いていれば…」谷垣総裁が反省(読売新聞)
<介護保険>過徴収10億円 東大阪で設定ミス(毎日新聞)
<集団暴走>57歳が軽トラで容疑…昔暴走族だったのでつい(毎日新聞)

「銅」高橋の母「私にとっては金メダル以上」(読売新聞)

 男子フィギュアで銅メダルを獲得した高橋大輔選手の母校、岡山県の倉敷翠松(すいしょう)高の体育館では、母親の清登(きよと)さん(60)が、同校生徒とともに演技を見守った。

 高橋選手の演技が始まり、4回転に失敗した瞬間、会場から「あー」と声が上がった。清登さんは画面を見上げ、懸命に演技する高橋選手の姿を追い続けた。暫定2位が分かると、思わず左手を突き上げて喜んでいた。

 銅メダルが決まると、大きく手をたたいて、高月賢太郎校長と喜び合い、顔を両手で覆って、こぼれる涙をハンカチでぬぐった。女子生徒から花束を受け取り「ありがとう」と答えた。

 清登さんは「4回転は見ていられなかったが、銅メダルは素直にうれしい。私にとっては、金メダル以上の価値がある。けがのことを考えると、この舞台に立てるのが不思議なくらい。帰ってきたらお疲れさまと言ってあげたい」と笑顔を見せた。

国会議員、倍増が必要=事業仕分け第2弾で-野田財務副大臣(時事通信)
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望(医療介護CBニュース)
10年度診療報酬改定の内容などを説明―国公私立大学歯学部長・附属病院長会議(医療介護CBニュース)
<将棋>久保の封じ手は8六歩 羽生は強気 王将戦第4局(毎日新聞)
<普天間移設>「ベストを探す」首相が強調(毎日新聞)
プロフィール

ミスターさちはるまつざわ

Author:ミスターさちはるまつざわ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。